スマートネットワーク自動車の発展が直面している問題

2020-05-18 11:24:30 自動車部品 1

图片关键词

現在にとって、中国は実は智能网联自動車や智能交通側がかなりのもとに、一方の研究では、863の自然科学基金これら計画の下で、我々を大量の仕事、本协会は地代推進自動車業界と自然科学財団共同出資自然科学基金を立ち上げても、技术を研究している。現在、自働車企業も積極的に行働しており、上海や阿里、東風や長安や華為などが知られており、一汽もこの事業を展開している。一方、中国の通信網の発展は、実際に知能網連自働車の発展に非常に良い基礎を提供した。例えば1918年には車と車の間で一部の新車の通信ができないようにしたいと考えています実際、米国では、2020年までに新車やインフラの通信が可能になるかどうか、2025年までには比較的完全なレベルの高い知能運転が可能になるという非常に具体的な計画があることがわかっている。ここに実はみんなたいと、今、二つの問題を論議するという私も賛成せず、最初の問題は議論し、完全に自動運転できない2問題を検討し、モノのインターネット企業転覆自動車だろうか、私は、この2つの問題が今必要としない討論、に直面するのはみんなの共同の努力が必要だ。これを進めるために私が予測したのは、スマートブレーキなどの低レベルの運転補助システムや、高速道路のレーン保持などです。スマートと車のようなシステムは、すぐに実現します。自働駐車システム、自働車駐車場、スマート駐車場などがあります。

願う三から作業を推進し、初めて私たちは、国家レベルで、国の计画を立てる今みんなはあなたとあなたのではなく、私と私の、出来事でトップクラスの最上層のデザインが必要で、昨日は私のドイツの新たな電気自動車の計画にメールで読んだ、と思って、彼らは非常によく私の希望を国家が智能交通や知能の自動車に全国統一の企画である。第二に、産業の面から、我々の自働車の生産業、我々は各業界と協力して、国家の計画のために基礎を提供することを実現することを望んで、我々も企業の面から、みんなの協力を望んでいます。ここに私の自動車工業協会の代表を示さず、産業レベルを望む企業促進のための連合、国家計画の制定を推進し、このことだったら、業種協会がないため、何の権利は、この仕事を、包容の業種別の共同推進状況で早く推進技術の進歩があってこそ、早くみんなの恩恵。総理は指示があり、馬総理は工信部に指示があり、工信部、交通部は公安部、発改委、科技部、財政部、保監督会、標準委員会などの部門と真剣に研究し、仕事の協力力を形成し、中国の新世代車のネットワーク発展を加速的に推進している。私達も次の発展の意見を提出して、明確にする必要があって、技術の骨組みは確定する必要があって、1つの業界だけではなくて、全国の角度に立って、全面的にこの仕事を推進すべきである。

一将来期待がなければならないと判断し、スマート网联自動車、それを造成しなければならない自動車大国の主要経路の一つ、皆さんは中国の自動車主の導入を知った、过去の自動車の技術の導入での把握が遅い、自動車エンジンであれから制御、ブレーキ制御などの面で、技術の源は、海外の発明の基礎協定は、家の基礎チップは家の、いま持ってきて自分のシステムを形成しにくい。智能網連自働車は全車のシステムであり、中国の強力なIT業界を借りて、中国自身の核心能力を形成する机会になるかもしれない。自動車産業と共に、我々が融合する包容気持ちで、関連産業と共同で推進、先日私は上海を主宰した一業種別のセミナーに参加して、私の希望が、自動車の核心推進業種別の一人として、そして計画中、交通、通信、it、インターネットの全部の中へ、一つのマスタープランを形成する。また、私たちも新技術の面で、必ず国際的な協力を強化しなければならないと感じています。新技術の面で、誰かが新技術の面で、回り道をして追い越してほしいと望んでいますが、私は新しい技術の面でますます技術の協力が必要だと感じています。2月16日に大手自働車メーカー数社がこの事業を推進することを決定し、4月18日にワークショップを開いた。6月にこのような共同机関を立ち上げ、共同で推進していきたいと考えている。


トップページ
製品
ニュース
连络する